gahag-005591

1: 1@無断転載は禁止 2016/06/07(火) 22:49:13.99 ID:lFCTbc33
人生のピークはラノベ連載中にアニメ化企画の話が持ち込まれたこと。
俺、大歓喜。勝ち組の仲間入りすることに心が震えて幸せな気持ちでいっぱいに包まれた。
でもつかの間だった。なぜかアニメ化企画の話はおじゃんになった。
そこから俺の転落人生が始まった。
いま派遣、月収18万で借金は180万円の一人暮らし・・・友達0。

2: 名も無き被検体774号+@無断転載は禁止 2016/06/07(火) 22:50:10.70 ID:hT3tcYO0
なぜおじゃんになったんだい?

6: 名も無き被検体774号+@無断転載は禁止 2016/06/07(火) 22:56:30.74 ID:lFCTbc33
>>2
あまり詳しくは書けないけど出版社と俺はまったく関係がないこと。
ある会社が倒産した影響で俺のアニメ化企画もぽしゃんした。
タイミングが悪かった。不運だった・・。

9: 名も無き被検体774号+@無断転載は禁止 2016/06/07(火) 23:02:00.46 ID:hT3tcYO0
>>6
そうか…なんかやらかしたのなら叱ろうかと思ったが、運が悪いってもう同情しかない…

作品名わかれば買ってやりたいがみばれやだよね

10: 名も無き被検体774号+@無断転載は禁止 2016/06/07(火) 23:02:33.32 ID:mfAm0krb
>>6
D出版社で奨励賞もらった俺に一言

3: 名も無き被検体774号+@無断転載は禁止 2016/06/07(火) 22:51:11.70 ID:V+gAJZGJ
ラノベの主人公的状況にあると言う事か

4: 名も無き被検体774号+@無断転載は禁止 2016/06/07(火) 22:53:56.84 ID:mfAm0krb
>>1
調子乗って仕事辞めたりするから…

5: 名も無き被検体774号+@無断転載は禁止 2016/06/07(火) 22:54:54.68 ID:O664xVHm
また書けば良いじゃないの。今の自分にしか書けないものがあるんじゃね?

7: 名も無き被検体774号+@無断転載は禁止 2016/06/07(火) 22:59:55.73 ID:RkBHasZa
アニメ化の話が来た作品は書籍化されてるんだよね?

11: 名も無き被検体774号+@無断転載は禁止 2016/06/07(火) 23:03:10.94 ID:jWqIDH1d
>>7
雑誌連載だけで本になってないとかもあるかな?
まぁ、アニメもメーカーとかの広告媒体ってワケだから本になってないのでもアニメ化のはなしは出る可能性あるよね。
>>1 さん、どうなの?

12: 名も無き被検体774号+@無断転載は禁止 2016/06/07(火) 23:05:36.42 ID:lFCTbc33
>>7
書籍化されてるよ。もう売れてないけどね。
自分も自分で書いた作品のことはもうどうでもいいと思ってる。
早く忘れてしまいたい。正直、「つまんねぇなこれ」と思いながら書いていた。

16: 名も無き被検体774号+@無断転載は禁止 2016/06/07(火) 23:09:37.93 ID:RkBHasZa
>>12
それはどれくらい売れたの?

8: 名も無き被検体774号+@無断転載は禁止 2016/06/07(火) 23:01:05.68 ID:O664xVHm
なんかさー、「見立て」の技法で、書けば良いんじゃない?

不運によって、借金を抱え「傭兵」に身を落とした、王国近衛兵出身の男の話とか、なんとかさ

14: 1@無断転載は禁止 2016/06/07(火) 23:07:48.11 ID:lFCTbc33
>>8
もう創作意欲をなくしたわ。
ラノベ作家を辞めた直後は気まぐれで「純文学を書きたい!」なんて思ってたりしたけど、
生活状況が苦しくなってくるにつれて意欲が低下していて目の前の現実しかみえないようになった。

いまラノベを書けって言われてもたぶん、無理。あれは心が健康だったから書けていたものだと思っている。

13: 名も無き被検体774号+@無断転載は禁止 2016/06/07(火) 23:06:09.51 ID:kkFTL8y5
やっぱりアニメ化すると金が舞い込むもんなの?
するのとしないのとでどれくらい年収変わってくる?

19: 名も無き被検体774号+@無断転載は禁止 2016/06/07(火) 23:11:44.89 ID:lFCTbc33
>>13
実際はアニメ化されてからが本番だけどね。
もしそのアニメがヒットなんかしちゃったら大変なことになる。
勝ち組への足がかりだよ。人生の大チャンスを手にしたようなもの。
俺はそれを逃した。モチベーションがどれだけ下がったかはおわかりだよね。

20: 名も無き被検体774号+@無断転載は禁止 2016/06/07(火) 23:12:48.79 ID:kkFTL8y5
>>19
なるほど…

15: 名も無き被検体774号+@無断転載は禁止 2016/06/07(火) 23:08:28.90 ID:ryiZz2Ru
今の生活を書けばいーじゃん

25: 名も無き被検体774号+@無断転載は禁止 2016/06/07(火) 23:42:28.33 ID:lFCTbc33
>>15
つまらないんだよね。ただの派遣のオッサンだよ。
それを面白おかしくかけるような気力も今の自分にはない。
ていうかもうウツなんだよ。メンヘラになった。
精神薬を飲みながらやっと日々をこなせるくらい。限界を超えながら動いてるから、いつ死んでもおかしくないかなって思ってる。
正直、いまもめちゃくちゃ疲れてるよ。なんでスレ立てちゃったんだろ。

26: 名も無き被検体774号+@無断転載は禁止 2016/06/07(火) 23:43:45.05 ID:ryiZz2Ru
>>25
人生最後の文章なんだろ

28: 名も無き被検体774号+@無断転載は禁止 2016/06/07(火) 23:47:58.58 ID:O664xVHm
>>25

>>21
もしだけど、過去の栄光みたいなものにずっと心を縛られていて、それが呪いとしてしか機能しないなら
未練を断ち切ってしまえばいいと思うんだわ。
「あれは、ただのまぐれだったんだ」って。

まだ書きたい気持ちがあるなら、リセットして1からやり直せば良いんじゃない? 
その場合も、結局過去の成功例については、いったん忘れた方が良いと思うけどな

17: ヤブ医学 ◆YtFiiqjbeo @無断転載は禁止 2016/06/07(火) 23:10:23.13 ID:+XTwoO0j
元ラノベ作家で借金180万だけど…云々ってタイトルつけてラノベ書けばいいんちゃう

18: 名も無き被検体774号+@無断転載は禁止 2016/06/07(火) 23:11:15.71 ID:O664xVHm
質問しつもーん!

1.書くことそれ自体が好きだったの? それとも、作家というステータスに憧れていたの?
2.いきなり完成形が見えるタイプ? あいまいなまま書き続けるタイプ? プロット設計するタイプ?
3.修業時代には、どんな修業をしていたの? 特別に習作とか書かずに、いきなり書けたの?
4.最速の時には、一日何枚ペースくらいで原稿を書けたの? 実作業時間と、構想含んでの時間別で
5.実製作のスタイルはどうだったの? 自宅か別オフィス(喫茶店とかでも)?
6.創作活動を阻害する対抗活動はなんでしたか? ビデオゲーム? 食い扶持のための仕事?
7.一日平均、どの程度の冊数の本を読んでいました? あるいは今の読書ペース。
8.小説以外の参照コード先として、よく利用していたジャンルは何? 映画、マンガ、ゲーム?
9.好きな娯楽作品。小説でもマンガでも映画でもゲームでも、なんでもいいけど。

23: 1@無断転載は禁止 2016/06/07(火) 23:24:58.03 ID:lFCTbc33
>>18
1.子供の頃から純粋に書くことが好きだった。作文とか得意だった。
 中学生のころに自分で小説を書いてたりして友達にみせたりして面白がってくれたのがきっかけだと思う。
2.プロットはなしでモチーフとイメージだけで書き進めて行くタイプ。
 構成は書いている途中から見えてくるけれど、構成を気にすると書けなくなってしまうのでとりあえずは最後まで突っ走る。
 最後まで書ききった上でまとめ(単純作業)に入って終わり。
3.意識して修行はしたことないかも。ラノベを書こうと思った頃は好きなラノベも好きじゃないラノベも一通り読んだ。

30: 名も無き被検体774号+@無断転載は禁止 2016/06/07(火) 23:51:19.07 ID:O664xVHm
>>23
質問への回答感謝。
一般論を書くよ? ある技能が使い物になるまでには5000時間の訓練時間投入が必要とされている。

どうも、訓練時間が足りていないんじゃない? 一作目が仮に成功してアニメ化されていたとしても、次のヒットは無かったのでは?
だから、結局は一発屋として終わってしまい、もうけた金も無計画に使ってしまって、

今と大して、変わらない境遇に落ち着いていたんじゃね?? って思う。

「あー、おれはなんてふこうなんだー」って、けっこうウジウジ悩んできたんじゃないかと思うけど
大丈夫だよ。アニメ化が成功していたとしても、多分、今と大差なかった。

24: 1@無断転載は禁止 2016/06/07(火) 23:38:45.32 ID:lFCTbc33
>>18
4.自分の中で狂ったように書ける日とまったく書けない日の差が激しかった。
 でも基本的には遅い。最速で50枚くらい。
5.自宅。自宅以外では本腰入れて書くことはなかった。
 外ではあくまでモチーフとか箇条書きにした書きたいシーンとか、それだけ。
6.自分の感性を蘇らせることが創作意欲に繋がっていたので、感性を取り戻させてくれる場所によく出かけた。
 それは子供の頃に家族とよく行った公園だったりデパートだったり。
 生き生きとした過去の自分の感覚を思い起こすことがなによりも重要だった。感性はマジでしぼんでいく。
7.正直、読書はあまりしていなかった。書くことはすきでも読むことはあまりしなかった。
 ラノベを書こうと思ったときにラノベをはじめて真剣に読んだことくらい。基本的にはアニメとか漫画の方が好き。

21: 名も無き被検体774号+@無断転載は禁止 2016/06/07(火) 23:16:06.58 ID:O664xVHm
すごく嫌なことを書くけど……

「不幸にみまわれたせいで、本当は能力があったのに転落した」×
「幸運にみまわれたおかげで、本当は能力が無かったのに、一時の栄光を手にできた」○

だから、己の幸運に感謝すべきじゃないのかな。

27: 名も無き被検体774号+@無断転載は禁止 2016/06/07(火) 23:45:42.78 ID:1mAd9OGY
借金そんなに背負う事になった理由は?

32: 名も無き被検体774号+@無断転載は禁止 2016/06/07(火) 23:54:32.79 ID:lFCTbc33
>>27
現実逃避にパチンコにはまったのがきっかけ。
アニメ化企画白紙だけじゃなくて、ラノベ作家を辞めた時期から色々と不幸が舞い込んだ。
まず母親が心不全で死んで、次に兄がバイクで事故死して、おばあちゃんが認知症になった。

すごくない?こんなことってありえると思う?
全部、1年と半年以内に起こったことだからね。

34: 名も無き被検体774号+@無断転載は禁止 2016/06/07(火) 23:56:19.01 ID:ryiZz2Ru
>>32
なんかの呪い?

29: 1@無断転載は禁止 2016/06/07(火) 23:50:44.36 ID:lFCTbc33
そもそもアニメ化企画自体の話が奇跡だったんだよ。
ぶっちゃけ、俺のラノベあまり売れてなかったもん。
だから初めて企画の話を聞いた時は宝くじに当選したような気分だった。
舞い上がりようは半端なかったよ。家族全員に言いふらしたからね。
「俺の作品アニメ化するわー!有名になるけどごめんなー」とか言ってた覚えあるもん。
いま思い返すと全てが虚しいわ。

31: 名も無き被検体774号+@無断転載は禁止 2016/06/07(火) 23:53:14.81 ID:jWqIDH1d
編集者に対しての感情はなんかあったりします?
ワタシはルポを書かせてくれた雑誌編集者との良き思い出はあるけど、朝日ジャーナルのコンテストで佳作取った作品を『三ヶ月で出す』といって取ってったのにまるまる三ヶ月足おき台にしてくれた書籍編集者にはつのる恨みが富士山より高く募ってますわ。

33: 名も無き被検体774号+@無断転載は禁止 2016/06/07(火) 23:55:06.25 ID:jWqIDH1d
◎つのってます
× 募ってます

36: 名も無き被検体774号+@無断転載は禁止 2016/06/08(水) 00:04:05.79 ID:WVPYFO2X
2作目以降の構想とか無かったの?

38: 名も無き被検体774号+@無断転載は禁止 2016/06/08(水) 00:08:18.90 ID:nknrC9x6
やっぱりパチか。
それがなきゃここまではならなかったろうに。

俺はラノベが好きだったし、
少なからず自分で書いてみたいと思った事もある。
プロとして食ってた事がある>>1は本当に凄いと思うよ。

このまま腐っていかずに、どんな形でもいいから
また文章を作る事に取り組んで欲しいなぁ。

40: 名も無き被検体774号+@無断転載は禁止 2016/06/08(水) 00:10:36.76 ID:XElE9jMK
全てを捨てて山に籠もうぜ


http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/news4viptasu/1465307353/